気になる!弁護士に債務整理相談時の費用問題【分割払いも可能】

個人再生の手続きを利用

弁護士

裁判所に払うお金

個人再生による債務整理は、借金の返済ができなくなった人が裁判所に申し立てを行い各債権者の返済総額を少なくし、その少なくしてもらった借金を原則3年以内に分割で返済をする計画を立て債権者の意見を聞いたうえで裁判所が認めれば、残りの債務が免除される手続きです。任意整理を行うよりも借金の減額幅が多きため非常に効果のある債務整理です。個人再生には手続きが2種類あり、小規模個人再生と給与所得者個人再生があります。小規模個人再生は5000万円以下の借金であり自営業者など小規模の商店主の方を対象、継続的に収入が見込めることが条件です。給与所得者個人再生は、小規模個人再生の条件に加えて収入が安定していることが条件、サラリーマンを対象とした手続きです。専門家に頼らず申立てることができ、その際に裁判所に支払う費用が代理人弁護士がいなければ20万円程度になります。代理人弁護士がいると3万円程度の費用で済みますが、弁護士費用は別途かかります。個人で行うのであれば、20万円程度しか費用しか債務整理に費用がかからないということなのですが、手続きはとても複雑です。申立てに必要な書類も多く、その書類作成を作るのにも時間がかかります。再生委員が選任されますが、その方が手続きを手伝ってくれるわけではないです。公正中立な立場でチェックするだけです。自己破産するよりも時間がかかりますので、債務整理に精通した弁護士に担当になってもらうことです。

Copyright© 2018 気になる!弁護士に債務整理相談時の費用問題【分割払いも可能】 All Rights Reserved.